にきび 治す 治療

ニキビの種類の白、黄、赤、黒ニキビについて

白ニキビ とは?

 

白ニキビとは、ニキビの初期段階の症状で、現れてしたスポットが外から黄白色に見えるニキビの事をいいます。

 

 

白ニキビが生じてするきっかけは色々に心積もりられますが、この段階でキチンとした治療や対策、スキンケアを施せば、それほど問題はないのです。

 

 

白ニキビが可能なきっかけの多くは、お肌の毛穴が閉じてしまってそのところの角質が厚くなり、外に出る事が出来ない余分な脂肪が表皮の下に溜まってしまう事にあります。

 

 

白ニキビの段階なら治療手段は、クレンジングや洗顔等の造作なくなスキンケアだけでも、十分に改善や再発の阻止はできるといえます。

 

 

その上定期的の睡眠や食事中身等を意識するいう感じで治療法としては平気です。

 

 

ただ配慮して望むのは、白ニキビには固い芯のあるタイプもあり、この芯を指先などでつぶすとニキビ跡が可能なきっかけにもなるので、不用意につぶさないという事です。

 

 

黄ニキビとは?

 

黄にきびとは、いわば最終段階にまでなってしまったニキビの事をいいます。

 

 

別名では、「膿ほう」「化膿にきび」とも呼ばれています悪化した赤にきびが、「ニキビ桿菌」や「フドウ球菌」等の増殖によって他にも炎症が進み、毛包付近が膿を持って、黄色く腫れてしまう症状の事です。

 

 

一度黄にきびのステータスになってしまうと、普通のスキンケアだけでニキビを治療するのはとても困難です。

 

 

そして運良く治ったとしても、皮膚の「真皮組織」が壊れ、お肌にちぐはぐや醜いにきび跡が残る時もありますので、できるだけ早く皮膚科や専門の病院等で充分にと治療する事をベストチョイスします。

 

 

赤ニキビとは?

 

赤ニキビとは、ニキビの症状の一つで、皮脂の詰まったところの周辺が炎症を起こしたものをいいます。

 

 

赤ニキビは、毛穴に詰まった皮脂などに細菌がついて炎症をおこし赤くなったものです。

 

 

俗にニキビ、といわれるような赤いものが赤ニキビで、それより前の皮脂が詰まっただけのものを白ニキビ、白ニキビに汚れなどがついて黒ずんだものを黒ニキビといいます。

 

 

赤ニキビが他にも進むと、膿を出す事もあります。

 

 

つぶしてしまうと跡が残る事があるので、刺激を与えないでおくのがトップよいです。

 

 

黒ニキビとは?

 

黒ニキビとは、毛穴が角質層のアカなどで詰まってしまったあと、皮脂が毛穴にたまり、この皮脂に汚れなどがたまって、黒ずみ、ちょうど毛穴が開いたところに見える状況をいいます。

 

 

開放面皰ともいいます。

 

 

黒ニキビは、油性肌で新陳代謝もわりと活発な人にできやすいです。

 

 

黒ニキビは、ニキビの初期段階なので、洗顔や毛穴ケアで跡を残さず直す事ができます。

 

 

開いた毛穴から、最初に脂肪と汚れの塊になった栓をとりのぞいてやる事が肝心です。

 

 

よく、毛穴パックで角栓(毛穴につまっている皮脂の塊)をとるというCMをやっているが、黒ニキビの角栓には通用しません。

 

 

正しい洗顔をし、角質をふやかし、皮膚リユースに従って根気よく正常な代謝に戻す必須があります。