にきび 治す 治療

ニキビを予防する洗顔法は何が効果的なの??

毎日洗顔をしている人、そのやり方間違ってませんか??

 

にきびを防止するのに最も影響的なのは、適切なスキンケアといえます。

 

 

それによりにも定期的の洗顔は欠かせません。

 

 

これにより余分に出た皮脂が毛穴から洗い流され、そして余分な角質もちゃんと取り除かれて、麗しいなお肌になるのです。

 

 

にきびを防止するための洗顔料をチョイスする着眼点では、できるだけ不必要な添加物が入っていない物で、肌に刺激を与えにくい物がいいでしょう。

 

 

人間の肌は元々弱酸性の特性

 

 

洗顔料を選定する時も、PH値を乱し肌に不必要な負担をかける事のない弱酸性の洗顔料がにきびケアには目指す形的です。

 

 

洗顔をする時は、最初に若干ぬるめ(33℃?37℃くらい)のお湯で予め肌を濡らし、ちゃんとと下洗いをしてください。

 

 

ここでぬるま湯を使用する事が良い成果を生み、汚れをざっと落としながら毛穴を十分に開かせ、なお細かい汚れを落とす事ができてにきび防止に影響的です。

 

 

お湯が熱すぎるのは絶対にダメ!!

 

 

配慮して望むのが、使用するお湯が熱すぎると、皮脂を余分に落としすぎてしまい、大事なお肌の潤いも奪ってしまうのです。

 

 

ついでに乾かす肌の人のケース、お湯の温度は一段とぬるくてもよく、この下洗いをするだけで汚れの70%は落とせるといいます。

 

 

異常なほど泡をしっかり立てる!!

 

 

下洗いが済んだら今度は洗顔料を利用しますが、この事例泡を充分に立てるようにするのが大事な秘訣です。

 

 

この洗顔料の泡立ては相当必須で、泡が弾力のあるクリームの様なステータスにまで泡立てると、その泡は細かい粒子になり、これが毛穴の奥までスムーズに入り込む事で、しつこい汚れをちゃんとと落としてくれるのです。

 

 

お肌をゴシゴシ強くこすって洗う事は禁物で、むしろ肌に手が触れないくらい、泡だけを動かすような感じで優しく洗いましょう。

 

 

洗顔には2倍のの時間をかけてみろ!

 

 

最後にすすぎをちゃんとしないと洗顔料が肌に残ってしまい、にきびをなお生み出す事になります。

 

 

洗顔の2倍の時をかける位の気持で充分にとすすぎ、肌に残った水分はタオルで強くこすらず、上から優しく押し止めるようにして取り去りましょう。

 

 

とにかく顔を触るときは気を使え!!

 

 

顔を洗う時は自分の肌が赤ちゃんの肌の様に思うくらい丁寧に優しく触りながら洗顔しましょう。

 

 

その気持ちを持てない人はニキビもいらないと思います!