にきび 治す 治療

ニキビのケアについての基本!

にきびのケアについて

 

にきびが可能なと皮膚に発疹ができ、合わせて炎症を起こします。

 

 

にきびと同じ症状でも、青年期を過ぎてから可能なニキビは吹き出物と呼ばれています。

 

 

にきびができやすいロケーションといえば、大抵顔や頭、胸、背中等の皮脂腺が多々あるところになりますが、中でも顔にできたニキビはコンプレックスのきっかけにもなりやすく、深刻な問題に進歩する事もあります。

 

 

体質によってニキビのできやすさには個人差があり、皮脂腺が活発な人は症状が特に出やすいので十分なニキビのケアが不可欠となります。

 

 

一年の中でも特にニキビができやすいポイントだといわれている初夏、その上初秋には、充分にとにきび対策をしておくようにしましょう。

 

 

いわゆる青年期の様にホルモンバランスが移り変わりしやすい頃は特ににきびができますが、これは発展するにしたがって消えていきます。

 

 

むしろ深刻なのはアダルトになって可能なニキビの方で、ストレスや暮らし習性の乱れ、それから乾かすでもできやすくなります。

 

 

他ににも、便秘によって体内に溜まった毒素が体の表面に回り、それがきっかけでニキビになる事もあります。

 

 

顔にいるダニがきっかけでニキビが可能なという怖い話もありますが、にきびのケアを誤らなければ「顔ダニ」は多くのケース人には無害なばかりか、不必要な皮脂を食べてくれているハッピーな影響もあります。

 

 

にきびができた後のケアも大事で、正しく処置が行われていないと、症状が不必要に悪化してしまったり、気に掛かるにきび跡を作ってしまったりします。

 

 

しかも誤ったにきびケアを続けていると、ニキビ跡が色素沈着を起こしたり、グレープフルーツみたいなクレーターができたりする事もあるのです。

 

 

キチンと正しいテクニックでお肌を手入れし、食生活にも気をつける事が、健康でニキビもできないお肌を維持するキーポイントといえるでしょうね。

 

 

にきびケアの基本とにきびの種類とは

 

にきびをケアする上でのベースについて整理てみましょう。

 

 

真っ先に「にきび」とは通称で、正式な医学用語では「尋常性挫創」といいます。

 

 

にきびの一般的な症状として、毛穴に皮脂や汚れ等が詰まる事がきっかけで炎症が起こり、肌荒れになってしまうという、厄介な様子が腹積もりられます。

 

 

皮脂を多く分泌するところ(顔や胸、肩、背中等)が、特ににきびが出来やすい部位といえます。

 

 

けれども、俗にいう「にきび」とは、いつもは顔にできた「尋常性挫創」の事を指します。

 

 

にきびのステータスは症状の進み方によって変化し、外見によって「白にきび」「赤にきび」「黒にきび」「黄色にきび」の4種類に分類られます。

 

 

「白にきび」のうちにキチンとニキビケアをしておけば、治ってからの痕跡(ニキビ跡)が残るような事はそんなにないのです。

 

 

「白にきび」は毛穴に白い脂質が詰まったステータスですが、キチンとしたにきびケアを怠ると詰まった皮脂や汚れが酸化して黒く際立つようになります。

 

 

白にきびより一段階進んだこの状況を「黒にきび」といいます。

 

 

そして「黒にきび」の様子でのにきびケアが不十分な事例、今度は「赤にきび」へと進行してしまいます。

 

 

皮膚にできた黒にきびが、炎症を起こして赤く腫れてしまった様子が「赤にきび」です。

 

 

ニキビもここまでになるとズキズキとした痛さも生じてきます。

 

 

また赤にきびの症状がひどくなると、患部が膿をもってしまい最終段階の「黄色にきび」となります。

 

 

こうなってしまうと最早いつものにきびケアでの完治は厄介なでしょう。

 

 

にきびのケアは早め早めの対処が肝心です。